マタニティmemo

3月生まれは出生前加入の方が得なのか?かんぽ学資保険「出生前加入」のメリット・デメリットまとめ

投稿日:2017年11月24日 更新日:

学資保険について学んだことをmemoしています。

前回の記事はこちら↓

さて,第2段の本記事では

かんぽ学資保険「出生前加入」のメリット・デメリット

について記載していきたいと思います。

おそらく,多くの方が「学資保険の出生前加入について悩んだことが
あるのではないでしょうか?

私たちの場合ですが・・・
郵便窓口で学資保険について詳しく話を伺ったところ,

かんぽ生命の学資保険において
子供が3月生まれの場合は
出生前加入をしたほうがメリットが大きい

と判断をし,現在その方向で話を進めようとしているところです。

(前回の記事でも述べた通り
保険商品についてはもう少し吟味したいところですので,
かんぽの学資保険に決定するにはもう少し時間を要しそうですが・・・)

どうしてそのような判断になったのか
今回話を聞いた「かんぽ生命の学資保険」を例に説明したいと思います。

ただし,いろいろな考え方や保険パターンがあると思います。
今回の話はあくまで私が窓口で聞いた話です。
ほんの一例としてご参考程度にしていただければ幸いです。

momo
まずは,

かんぽ生命の「学資保険」について簡単なmemoを残します。

不要な方は読み飛ばしてくださいね(*^^*)

下記目次より読みたい項目に飛ぶことができます。

スポンサーリンク

かんぽ生命の「学資保険」について

momo
まずはかんぽ生命の取り扱う学資保険について簡単にまとめます。

3つのコースがある

かんぽ生命の取り扱う学資保険のコースは3つに分かれています。

1 「大学入学時」の学資金準備コース

2 「小中高+大学入学時」の学資金準備コース

3 「大学入学時+在学中」の学資金準備コース

1 「大学入学時」の学資金準備コースについて

↓例:満期保険金を300万円に設定した場合


画像はパンフレットを撮影したものです。

「17または18歳」or「12歳」までに保険料を払い込み,
満期保険金+契約者配当金が18歳満期(または17歳満期)の際に一括で受け取れるコース。

0歳から12歳までの子供が対象

満期保険金の設定金額は50~700万円

17歳満期と18歳満期が選べる

3コースの中で一番スタンダードなコースだそうです。

主に大学入学時の出費

・受験費用
・入学金や授業料などの初年度納付金
・ひとり暮らしを始める際の初期費用

などに備えられるとのこと!

2 「小中高+大学入学時」の学資金準備コースについて

「17または18歳」or「12歳」までに保険料を払い込み,
18歳満期(または17歳満期)の際に受け取れる満期保険金に加えて
小中高入学前の12月にも学資祝金が受け取れるコース。

↓例:満期保険金を300万円(受取総額390万円)に設定した場合


画像はパンフレットを撮影したものです。

0歳から3歳までの子供が対象

満期保険金の設定金額は50~500万円

17歳満期と18歳満期が選べる

このコースの魅力は,
小中高の入学前にも学資祝金が受け取れることにあります。

満期保険金を300万円に設定した場合,もらえる祝金は以下の通り。

小学校入学前の12月
・・・15万円

中学校入学前の12月
・・・30万円

高校入学前の12月
・・・45万円

満期保険金を他のコースと同じに設定した場合,
保険金の受け取り総額が大きくなることから
月々の保険料負担も一番多くなります。

前回の記事と重複しますが,
実は大学の入学時以外にも多くの場面でかなりの出費が予想されます。

たとえば小学校入学時には

・ランドセル
・机
・服

など,そろえなければいけないものがたくさん!

大学入学時の費用を備えながら
これらの出費の支えもしてくれるこちらのコースはとても魅力的だなぁと感じました。

3 「大学入学時+在学中」の学資金準備コース

「18歳」or「12歳」までに保険料を払い込み,
大学入学時・大学2年・大学3年・大学4年と満期保険金を小分けにしてもらえるコース。

↓例:満期保険金を300万円に設定した場合。


画像はパンフレットを撮影したものです。

0歳から12歳までの子供が対象

満期保険金の設定金額は50~700万円

このコースでは,大学生活における

・毎年の学費
・学生生活の諸経費
・仕送りをする場合の費用

などの出費に備えることができます。

またこのコースに限り
満期金受取年齢を17歳に設定することはできないそうです。

医療特約を付けない場合でもほとんどのコースで元本割れしてしまう

全国に支店があり便利な郵便局の学資保険ですが,

平成29年現在,医療特約を付帯しない場合でも
ほとんどのコースで元本割れを起こしてしまう
というデメリットがあります。

↓こちらのサイトでは,満期金が保証料を上回っていると説明されていますが,
現在は利率の見直しにより元本割れする計算に変わってしまっているみたいです。

かんぽ生命の学資保険「はじめのかんぽ」を徹底分析!他社との比較も

 

たとえば,18歳満期時に一括で保険金を受け取る
「大学入学時」の学資金準備コースを例にとって説明すると・・・

条件

満期受取金300万円に設定

30歳の男性が契約

医療特約はつけない

保険料払込み終了年齢 基本契約の払込保険料総額 満期保険金との差額
17歳または18歳 3,162,240円 -162,240円
12歳 3,093,120円 -93,120円

ただし,

契約者が万が一死亡した際の保険料払込免除

がついているので,
満期金をはみ出た分はこの死亡保険料分だという説明を受けました。

momo
これが私がかんぽ生命に決めかねている
一番の要因です。

上記の死亡保険についてはかんぽ生命に限らず
大体どの学資保険にも付帯されているとのことです(^^;)

契約するとしたら一番身近だし転勤族にとって便利なんですけどね・・・!

契約者としてはこの小さく書いてある「契約者配当金」が気になるところではあります(笑)
でもネットの口コミを見るとそこまで期待はできない気がしています。

窓口の方に聞いたところ,

『小中高+大学入学時』特約なしの学資金準備コースを
12歳払いにして,かつ,
月払いにせず一括で保険料を支払った場合
もしかしたら
満期金が保険金を上回るかもしれません。」

と説明をいただきました・・・。

実際に試算を出していただいた訳ではないので
詳細はわかりかねます。
もしかしたら他にも満期金が保険料を上回るパターンがあるかもしれません。

他の保険会社が取り扱う学資保険では
元本割れしない保険もあるとのことなので
視野を広く持って決めていきたいと思います!!

3月生まれの場合は「出生前加入」がお得なのか?

ここからは本題である「出生前加入」についてのmemo書きです。

momo
私の子供は3月生まれになる予定ですので
同じ早生まれのママさん方の参考になれば幸いです・・・!

スポンサーリンク

かんぽ生命の「出生前加入制度」について

かんぽ生命では

出生予定日の140日前から

学資保険に加入することができます。

以前,他の郵便局で話を伺ったところ,

「出生前に加入をすると,
生まれた後にもう一度手続きをしなくてはいけないので
出産後に加入する方がほとんどですよ~(*^^*)」

と説明を受けたため,
出生前加入については正直考えていませんでした。

でも転勤先の郵便局で再度話を聞いたところ

momo
3月生まれの場合
出生前加入にした方がメリットが大きいのではないか!?

と考えるようになりました。

その動機について以下メリット・デメリットをまとめたいと思います。

「出生前加入のメリット」について

私が考えるメリットはこの3つ!

3月生まれの場合,以下のメリットが考えられます。

比較的時間のある時に加入手続きを済ませておける

本当に必要な時期に満期保険金を受け取ることができる

保険料が安くなる

メリット1:比較的時間のある時に加入手続きを済ませておける

まだ想像もできないのですが・・・
出産した後は本当に忙しいそうですね・・・!

子供が産まれて忙しくなる前に,諸々の手続きを済ませておけるのがメリットの1つだと
郵便局の方が教えてくださいました。

余裕のある今だからこそいろいろ考えておきたいですね(*^^*)

メリット2:必要な時期に満期保険金を受け取ることができる

私が出生前加入を検討しはじめた一番の理由がこれです。

どういうことか,というと,

かんぽ生命の学資保険の場合,
実際の契約月は,手続きが完了した翌月になります。

そして,そ18年後の応答月が満期となります。

つまり,2018年3月に出産した場合,
出生後にすぐに手続きをしたとしても契約月は2018年4月となり,
満期金を受け取れるのはその18年後の4月(=大学に入学する月)となります。

ということは,

大学入学時に必要な費用

・受験料
・入学金
・1年次授業料
・アパートマンションの敷金・礼金

などなど・・・

諸々の支払いに間に合わせることができないんです・・・!

逆に・・・
たとえば2017年11月中に出生前加入をしたとすると,2017年12月が契約月となり,
高校3年生の12月という一番いいタイミングで満期金を受け取ることができます。

momo
17歳満期にすることで
満期金の受取時期を1年早めることができますが,
その分月々の保険料の負担は大きくなります。

せっかく積み立てても,必要な時期に貰えないのであれば
学資保険の意味がないと考えました。

17歳満期にしてもいいのですが,
せっかく出生前加入のチャンスが与えられているのであれば
それに乗っかってみようかな(*^^*)と思っています。

 

メリット3:保険料が安くなる

この段落はおまけ程度のお話だと聞いてください(*^^*)

本当に若干ですが保険料が安くなるそうです。

かんぽ生命の学資保険の「出生前加入」において
考えなくてはいけない特徴が

0歳児としてのカウントは2018年4月1日まで

出生前は特約を付けることができない

この2点です。

この2点を考慮すると,
出生前加入の方がほんの少し保険料が少なくなる
と郵便局の方に説明を受けました。

 

0歳児としてのカウントは2018年4月1日まで

これがとてもびっくりしたのですが
0歳児としてのカウントは今年度いっぱいになります。


※画像はパンフレットを撮影したもの

「被保険者(お子様)の加入年齢」は,出生した日の直前の4月2日
(出生した日が4月2日の場合は,その日)に出生したものとして計算し,
1年未満の端数は切り捨てます。

(例)
2017年2月10日に出生した場合は,2016年4月2日に出生したものとみなします。

引用:「はじめのかんぽ」2017下半期版リーフレット

つまり今お腹に胎児がいるこの瞬間,
もう0歳児の年度がスタートしているということなんです(; ・`д・´)!!

そして先ほどと重複しますがかんぽ生命の学資保険の場合,
実際の契約月は,手続きが完了した翌月になります。

つまりつまり・・・!

2018年3月に出産した場合,
出生後にすぐに手続きをしたとしても契約月は2018年4月となり,
その時点での加入年齢は1歳ということになるんだそう。

0歳で加入した場合は,1歳で加入した場合に比べて
ほんの少し保険料が安くなるとのことです。
(数十円~数百円と説明を受けました)

出生前は特約を付帯できない

かんぽ生命の学資保険は医療保障の特約を付けることができます。


※画像はパンフレットを撮影したもの。

momo
特約はいつでも追加で付帯することが可能ですが
健康であることが条件のため
多くの方がはじめから付けるそうです。

この医療特約をはじめから付けようと考えている場合は
出生前加入の方がほんの少しお得になります。

「出生前加入」には医療保障などの特約をつけることができないという
制限が設けられています。

これはデメリットの1つでもあるのですが,
裏を返せば払込期間が共通である場合は
加入~出生までの数か月の間,医療特約分を払わない(=安くなる)。ということになるそう。

医療特約は満期金300万円・18歳満期の場合は1か月1,000円前後
とのことなので,本当に微々たるものですが(^^;)

「出生前加入」のデメリットについて

デメリットはこの2つ!

早生まれに限らず一般的なデメリットは以下の2つだと考えます。

出生後に再度手続きが必要

出生前に特約を付帯できない

デメリット1:出生後に再度手続きが必要

出生後に届け出を郵便局にしなくてはいけません。

これが面倒くさくて出産後に加入される方が多いとのこと(^^;)

出生前にいただく証書には子供の名前がなかったりとまだ不完全なため,
出生後に「生まれましたよ」と届け出をして正式な証書と交換をするそうです。

でも話を聞いてみると,

全国どこの郵便局でも受付可能

契約者本人でなくともOK(=子供の祖父母が行ってもOK)

とのことで,それほど手続きも難しくなさそうな印象でした。

momo
その際の持ち物に関しては確認中です。

デメリット2:出生前に特約を付帯できない

メリット欄でも述べた事項になりますが,

出生前は特約を付加することができません。

特約を付ける場合は,出生後に再度手続きが必要になります。

ただ,私は医療特約に関しては
他の医療保険と比べてどうかもう少し考えたいと思っています。

結論

以上のことを総合判断し,

3月生まれの場合
出生前加入にした方がメリットが大きい

と考えました。

ただし,いろいろな考え方や保険パターンがあると思いますし,
あくまで私の場合の一例としてご参考程度にしていただければ幸いです。

まとめ

いろいろ考えていたら11月がもう終わってしまいますね!

11月中の契約は難しいかな(^^;)

他の保険商品もきちんと吟味するためにファイナンシャルプランナーに相談したいのですが
転勤先に「ほけんの窓口」のようなお店が見つからず焦っています。

12月中には契約をして,
来年1月から払込ができるように早急に動いていきたいと思います・・・!

早生まれの場合は早め早めの行動が大事なんだなと
身に染みて実感している今日この頃でした!

関連コンテンツ



  • この記事を書いた人
momo

momo

食いしん坊のスタバ大好きアラサー主婦。 現在0歳児の娘を相手に育児に奮闘中。 食べ物のレポートを主に、日々の出来事をマイペースに綴っています。

-マタニティmemo
-

Copyright© momoのホッとひといき ちょこっと生活memo , 2019 All Rights Reserved.