結婚式memo

当日の会場装花「旧コキーユプラン」について【アニヴェルセルみなとみらい結婚式節約memo】

投稿日:2017年11月25日 更新日:

こんばんは。

気が付けばもう11月最後の週末ですね。

1か月過ぎるのが本当に早い・・・!

11月中にアニヴェルセルの結婚式関連の記事を完成させようと思っているので
今日から本腰を入れて一連の記事を更新していきます!

前回は「オリジナルウエディングケーキ節約術」について語りました。

今日は「当日の会場装花」についてお話していきたいと思います。

装花のプランは現在,1年前の私の時代と大きく変わっているようですが
雰囲気など参考になるものがあれば幸いです。

スポンサーリンク

装花プランについて

会場への装花持込みはNGです

アニヴェルセルでは衛生的な面から会場へのグッズ持込みがほぼ全て禁止されています。

装花に関しても例外ではなく,
花はもちろん,小物もすべてNGです。

ブーケだけは例外で,装花に関してはブーケのみ外注業者に委託してオーダーしました。

関連記事

ゼクシィなどの結婚情報誌などでは,
100均などのアイテムを使って華やかに飾りながら装花を節約をする方法なども紹介されていますが
アニヴェルセルではその節約術が一切適用できませんでした。

2016年10月当時の装花プラン

2016年10月当時の装花プランは

(旧)コキーユ(150,000円税別)

バトー(290,000円税別)

プラージュ(350,000円税別)

ラメール(500,000円税別)

の4プランが用意されていました。

式場のオススメはプラージュプラン(350,000円税別)
華やかな会場装飾とブーケ・贈呈用の花束がセットになったお得なプランだと説明を受けました。

もちろん,プランを適用せずにそれぞれの装花を単品で注文することも可能でした。
(今はどうなのかな・・・)

私のプランはいわゆる「旧コキーユプラン」でした。

SNSなどの情報を見る限り,
この1年で大きく変わったプランが装花関係だと思います。

私が選んだ装花プランは一番低い価格の「コキーユプラン」というものでしたが
現在の「コキーユプラン」よりも融通が利く面が多く
SNSでは通称「旧コキーユプラン」と呼ばれています。

当ブログでは,混乱を避けるため
以下「旧コキーユプラン」と表記をしたいと思います。

 

「旧コキーユプラン」について

「旧コキーユプラン」の内訳

一番お手頃なプランは私が選んだ「旧コキーユプラン」
当時SNSを利用している方はほとんどこのプランを選択していた印象でした。

【旧コキーユプラン(150,000円税別)】の内訳

メインテーブル・・・50,000円相当

ゲストテーブル・・・5,000円相当
※10卓分。11卓以上ある場合は別途料金が発生。

ケーキテーブル・・・5,000円相当

セレクトアイテム分・・・明記されていませんが5万円相当と説明を受けました。
(メインバック・ラウンジテラス・階段・入口の4パターンから選択)

「旧コキーユプラン」の特徴

「新コキーユプラン」に比べて「旧コキーユプラン」は若干の融通が利きました。

たとえば,

セレクトアイテムの50,000円分の装花をカットし,全てメインテーブルに充てる

などの裏ワザが適用できたのです。

また,装花の打ち合わせもついていました。

今の「新コキーユプラン」ではほとんど融通が利かない上,
装花担当者との打ち合わせもないとの話です。
また,追加で単品アイテムをオーダーすることも難しいとのこと(; ・`д・´)

もっと新郎新婦に寄り添った優しい式場になってほしいなぁと切実に思います。

アイテム説明会の悪意ある展示に苦笑・・・!

コンサルテーションと呼ばれるアイテム説明会(通常,式の3か月ほど前に行われます)では
実際の会場装花を見て回ることができるのですが・・・
もう突っ込みどころが多すぎて(^^;)

メインテーブル50,000円相当
(後ろのバック装花は含めません)

 

ゲストテーブル5,000円相当

先輩花嫁さんのブログを見て予備知識があったので当日驚きませんでしたが
・・・今見ても本当に悪意を感じる飾り方(^^;)!!

ゲストテーブルに関しては妹から

「なんか,お通夜の受付に置いてありそうだね」

と言われる始末(笑)
「お葬式」ではなく,あえて「お通夜」なのが更なる寂しい雰囲気を物語っています。
テーブルクロスの色のチョイスがあえて白なのもわざとな気がする!!
飾り方や色を工夫すれば,こんなにお通夜感は出ないと思うのに・・・。

ちなみに,

この5,000円のゲストテーブル装花のサンプルですが

15,000円になるとこんな豪華に変身していました。

momo
値段は3倍だけど花の量はそれ以上に増えてる!?

と苦笑しました。

SNSを知らない新郎新婦はこのサンプルを見てしまったらもはやコキーユプランを選択できないと思うのです。
おそらくはそれが式場側の狙いだと思うのですが・・・

momo
お花の選び方・飾り方によって
コキーユプラン内でも可愛く華やかな装花で会場を彩っている方が多くいらっしゃいます。

式場から渡された資料のみで考えるのではなく
InstagramなどSNSでの情報を是非参考になさってくださいね!

当日の会場装花について

アンティーク調の上品で華やかな装花に満足!

まずは私の当日の会場装花をご紹介します。

私の式のテーマはアンティーク&おとぎ話でしたので
装花もアンティーク風に飾っていただきました。

関連記事

色味や雰囲気,そして小物などのセンスも本当に好みで
1年たった今でのスマホの待ち受けにしています(笑)

フローリストさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

メインテーブル

メインテーブルですが

セレクト分を全て回して10万円分

で作っていただきました。

フローリストさんと2回ほど打ち合わせを重ね,
当日はこのような雰囲気に作っていただきました!!

くすんだピンク色のお花をメインに,

アンティークの小物を多めに飾っていただきました。

ピンクの大きなチュールリボンがあしらわれた
大きなかすみ草のアレンジメントもすごく気に入っています・・・!

高さもあるため,あらゆるシーンでの写真映えもばっちりでした!

また小物にキャンドルを使用したため,
会場が暗転した時は幻想的な光の演出がキレイでした。

はぁー何度見てもうっとり・・・!

ラストの花嫁の手紙のシーンでも,
こんなに綺麗な写真が残っていて感動しました!

 

メインテーブル節約ポイント

お花の種類を指定しなかった

小物を多く使い,お花を少な目にした

キャンドルサービスなど行う「高砂向かって右側のテーブル」
には何も置かなかった(本当は何か置きたかったのですが我慢・・・!)

 

ゲストテーブル

ゲストテーブルは,

各テーブル8,000円(コキーユプラン差額+3,000円)

で設定をしてセッティングをお願いしました。

ゲストテーブル内訳

お花・・・5,000円

小物・・・3,000円

momo
お花は最低5,000分は注文しなければいけないと言われました。

これだけのボリュームで5,000円かぁ。
やはり花に限らずアイテム1つ1つの単価が高い気がします(^^;)

3,000円追加して小物を置いてもらうことで
ボリューム感を出しました。

追加料金を支払った理由

なぜ追加料金をして8,000円まで引き上げたかというと,
たまたま同じ時期に結婚式を控えていた親友2人と結婚式費用のぶっちゃけ話をしまして・・・。

アニヴェルセルの装花は高い高い・・・と思ってばかりいたんですが
実際値段の絶対値だけ比較すると,
装花に関しては他の式場さんとそれほど変わらないということがわかったんです。

もちろん画像などで比較すると
他の式場と比べてお花の量が明らかに少なかったりと
値段に対してのボリュームの差は明らか
なのですが・・・。

私より少し前に挙式した親友のゲストテーブルが豪華で素敵で・・・
値段を聞いたところ,1テーブルあたり8,000円で設定をしたということでした。

そして私の後に挙式を控えていたもう1人の親友も,
メインテーブル10万円・ゲストテーブル8,000円でオーダーするとのこと。

momo
親友2人同士に面識はないため,当時の私は

そうか・・・相場は8,000円なのか・・・!

と思いました。

こちらのまとめサイトを見てもゲストテーブル装花の相場は6,000円とのことなので
コキーユプランの5,000円よりも高いということになります。

2人から許可を貰っていないので写真は載せることができませんが
本当に豪華で心に残る素敵なゲストテーブル装花でした。

アニヴェルセルでは5,000円がゲストテーブルの最低ランクということで
なんとか5,000円に収めようと努めていましたが
1つ1つのお花の単価がただでさえ高いアニヴェルセル

親友2人の話を聞いて

momo
無理に5,000円に納めなくてもいいんじゃないか。

3,000円を追加して納得いく装花でゲストを迎えられるならそれにしよう。

と考えるようになりました。

親友2人のゲストテーブルに比べると
同じ8,000円でも大分ボリュームがなく見劣りはします

でも,全てを承知でアニヴェルセルを選んだのは私なので,
そこは考えない!(笑)

フローリストさんもボリュームを出すために
いろいろと試行錯誤してくださり感謝しています。

逆に思っていたよりも華やかなゲストテーブルになったなと満足しています(*^^*)

 

テーブルランナー

これは本来「装花」ではなく「会場費」の分類になるのですが,
打ち合わせをフローリストさんと行ったためこちらに記載します。

コンサルテーションでみかけたゴールドのテーブルンランナーが素敵だったので
見積に入れてもらいました。

単体でどーんと写っている当日の写真がないので
ちらっと見えている写真を何枚か掲載します。

アンティークの雰囲気を引き立ててくれて
少し小ぶりのゲストテーブル装花のフォローもしてくれたので
一石二鳥だったかなと思っています。

ただこのテーブルランナーの計算方法がものすごく特殊だったので明記します!(笑)

テーブルランナーの値段

150円(税別)×大人のゲストの人数

な,なぜに大人の人数!!?と謎は深まるばかりですが,

「1枚1,000円×テーブル数」よりは若干安くなったのでよしとしています。(笑)

 

ケーキテーブル装花

「旧コキーユプラン」には

5,000円相当のケーキテーブル装花

が含まれています。

ケーキテーブル装花は正直いらないかなぁと思っていたのですが,

「メインテーブル単品+ゲストテーブル単品」の値段

旧コキーユプランの値段
(上記メイン・ゲストテーブル装花+ケーキテーブル装花)

の総額の値段が一緒だったため,つけて貰いました。

5,000円のケーキテーブルは
以下の2パターンから選択します。

ツタ

画像がありませんが,よくブログやSNSで話題の「あの」ツタです(笑)

キャンドル

ここは迷わず「キャンドル」を選びました。

momo
「儀式」っぽくならないように
等間隔に並べずにランダムにおいてください

とお願いしていたのですが・・・

当日の写真を見ると・・・

見事な儀式で笑った!!(笑)

ゲストはそんなに気にならなかっただろうし,
これも今となってはいい想い出です(*^^*)笑

まとめ

私が会場装花にかかった金額をまとめます。

(旧)コキーユプラン
・・・150,000円(税込162,000円)

ゲストテーブルプラン差額分(10卓)
・・・3,000円×10卓=30,000円(税込32,400円)

ゲストテーブル追加分(3卓)
・・・8,000円×3卓=24,000円(税込25,920円)

テーブルランナー
・・・150円×78名=11,700円(税込12,636円)

計・・・215,700円(税込232,956円)

でした!

1年たった今でもテーブルランナーの計算方法だけが本当に謎ですが・・・(笑)

ゲストテーブルの値段をアップさせたこと,テーブルランナーを使ったことで
当初の予算より少しオーバーしてしまいましたが
それでも1つ上のバトープラン(290,000円税別)にするよりは大分費用を抑えられたかなと思います。

結婚式のお花って当事者はいつまでも忘れないものですね(*^^*)

 

これで私の装花プランについての記事を終えたいと思います。

momo
ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

関連コンテンツ



  • この記事を書いた人
momo

momo

食いしん坊のスタバ大好きアラサー主婦。 現在0歳児の娘を相手に育児に奮闘中。 食べ物のレポートを主に、日々の出来事をマイペースに綴っています。

-結婚式memo
-,

Copyright© momoのホッとひといき ちょこっと生活memo , 2019 All Rights Reserved.