断捨離memo

3week終了お片付けノートで断捨離!「ガラクタのために働かない」

投稿日:2017年10月3日 更新日:

先月から始めた「お片付けノート」による断捨離。

ついに目安の3週間をやり抜きましたーー!!

mocaさーーーん!私にもできましたよ(*'▽')!!

 

 

 

スポンサーリンク

断捨離3週目報告!

まずは先週のおさらい

お片付けを習慣づけるラストスパートということで
3週間目のミッションは少しレベルが上がっていましたね( ゚Д゚)!

3週間目に意識すること

  • 「明らかなゴミ」は3〜5個にカウントはせず、その場で捨てる。
  • 『無くなっても困らないものを減らすこと』を意識する。

そう,1日3つ物を捨てていくこの断捨離術。
続けていくと2週間目の終わりには「明らかなゴミ」がほとんどなくなり少し戸惑いました。

3週間目はそのような「明らかなゴミ」は初めからカウントせず,
よりシンプルライフ・ミニマミストに近づくための練習をする週
ということになります。(解釈合ってますでしょうか?)

ポイントは

momo
 「モノの状態」ではなく「自分の価値観」で捨てる
(mocaさんより)

でしたね。

しかし普段から勿体ないオバケに憑りつかれている私は
果たしてこのミッションをクリアできたのでしょうか?

3週間目に捨てたもの&理由

今回も捨てたもの&理由を書いてきます。

3週目も2週間目とおなじく1週間で23個物を捨てました!
1週間目からトータルで67個ものを減らしました。

 

捨てた物リスト(3週間目)

9月26日

  • 健保組合からの案内書(おそらくもう見ない)
  • 結婚式小物1つ(捨てられなくて残してあったけど思い切って)
  • 薄手のタオル3枚(新品だけど使っていない)

9月27日

  • ネイルオイル(しばらくネイルはしない)
  • ほぼ新品のイブサンローランの口紅(色が合わない)
  • 履歴書セット(とってあったが使わない)
  • たまひよのカタログ(ネットでも見れる)

9月28日(ちょっと頑張って5つ)

  • インナー3セット(マタニティインナーに切り替えの為)
  • 車検の詳細(とってあったが見てない)
  • カリグラフィ通信講座第1回目(おそらくもうやらない。結構思い切った!笑)
  • ボディクリーム(マタニティクリームを購入の為)
  • 手帳用シール(使っていないものを選定)

9月29日

  • はさみ(2本あるため)
  • 試供品シャンプー(とってあったが使わない)
  • ハヤシライスのルー(引越までに作らない)

9月30日

  • たまひよカタログ第2段(ネットで見れる)
  • スピーカー用クッション(使っていない)
  • 転居のお知らせハガキ(住所を控えた)

10月1日

  • 化粧品サンプル(使ってない)
  • 新品ハンドクリーム(使っていない)
  • スカート・ベルト(今年の夏に着なかった)

10月2日

  • ふりかけ(食べてない)
  • 手芸用ラインストーン(使わない)
  • カリグラフィー講座練習用紙(使わない)

 

はじめは無理かも・・・と思っていた3週間目の片付けですが,
やれば意外とできてしまった!!

むしろ朝片付けられない日があると夕方には少しソワソワした気持ちになるくらいでした!

「いい加減片付けないとな…」「いつかはやるとは決めている!でも今は無理…」など、
とにかく片付けを億劫がっていたのはほんの少し前のことです。

でもいまは毎日「よし片付けよう」「今日は何を処分しよう」という気持ちを
前向きに持ち続けられているのではないでしょうか。

 

引用元:祝・片付けられない人 卒業

3週間毎日続けることで自然と片付けが習慣になりました!
こう前向きに片付けを考えられるようになったのは
mocaさんの言葉を借りると
「お片付けの自転車に乗れている感覚=片付けられる人の感覚」が身についた証とのことです。

momo
自分には縁のない感覚だと思ってました・・・!
mocaさんありがとうございます!!

人ってこんなに変わるものなんですね・・・!

3週間の振り返り

あなたはお片付けノートで何に気が付きましたか?

捨てようか迷って物を手に取り,それを捨てる決意をするまでにはやはり勇気が必要でした。

でも1回ゴミ箱に捨ててしまったものは,正直なくても生活に困らなかったんです。
数日後に「ああ,そういえば私,あれ捨てたんだった」と顧みるものばかりでした。

つまり自分が一度不用品として認識したものは,
もう自分の生活スタイルにおいて重要な役割を果たすことはなくなるんだなぁと感じました。

むしろ収納スペースがすっきりしたことで必要な物を探す手間が省けたり,
ポーチの中身が減ったことでカバンが軽くなったり,
不用品を捨てたことでプラスに感じることばかりでした。

あとは1週間目の反省でも書きましたが,
買物をする際に一歩立ち止まってカートに入れるくせがつくようになりました。

心にずっしりと響くmocaさんの言葉

この3週間で、1日3つずつでも60個、5つずつ捨てたとして、
100個以上の『自分にとって要らないもの』が部屋の中から無くなりました。
間違いなく3週間前まで全て家の中のどこかにあったものです。

「処分しよう」という目線で部屋を見て、ひとつひとつ手に取って片付けていなければ、
今後も何年も保管していたかもしれない『不要品』です。

(中略)

そしてノートを見返さなければ、初日に捨てたモノなど思い出せもしないでしょう。
見れば見るほど「なんでこんなものずっと置いておいたんだろう…」というモノばかりだと思います。

そしてそれらが無くなったところで、日々の生活になんの支障がないどころか、
少しずつスッキリした空間が現れていることにも、すでに気づいているはずです。

(中略)

モノって、捨てちゃうと忘れちゃいます。
どれだけ大量に捨てても、捨てたら忘れてしまうんです。

でも、処分するときに考えた理由のひとつひとつは、
罪悪感、後悔、損をしたという気持ち、過去の自分への怒り、反省という
ちょっとネガティブで、ずっしりとした重みを伴って、
確かにみなさんの中に蓄積されたはずです。

そして「2度とこんな気持ちになりたくない!」と思いましたよね。
ものを処分するより重要なのは、その気持ちです。

「今度こそちゃんと、使いきれる量だけ買おう」
「買ったからには使い倒して処分しよう」
「欲しい!だけじゃなく、きちんと使うか考えてから手に入れよう」
「使い切るって気持ちいい!」

など、捨てる以外の行動も変わってくるのは、
きちんと理由を考えて処分してこそ得られるものだったんです。

引用元:祝・片付けられない人 卒業

これを読んだらなんだかしんみり。涙が出てきました。

だって,私がこの3週間で感じていた気持ちそのものを代弁してくれているんですもの!!

お片付けノートを付け始めたことで,モノを捨てる習慣の他にも
モノを増やす行為に対して自分自身にブレーキをかけることができるようになりました。
これは物を捨てた時の罪悪感から来ていたものなんですね(;_;)!!

4週目からの断捨離について

mocaさんのブログでは,4週目以降のチャートはありません。

今日でお片付けノート塾は卒業!!ということになります。

momo
じゃあ今週からどうすればいいの?

そんな不安な気持ちも多々ありますが,
mocaさんは今週以降の道しるべをブログにて示してくださっています。

お片付けの本や情報に目を通す

片付けられるようになってから、改めてお片付け本やブログなどを読んでみると、
《片付けられる人》が教えようとしてくれていることの意味を、はっきりと理解できると思います。

(中略)

《片付けられる人》が教えてくれる片付け術は、
最短距離で部屋を片付けることを目標にしているので、
モノの処分の仕方や、収納方法の『正しい答えの導き方』を教えてくれます。

世の中の片付け術はとても完成されていて、
片付けられる人が実践すれば、必ず部屋がきれいになる方法です。

引用元:祝・片付けられない人 卒業

私も今まで手に取ったお片付け関係の本をもう一度見返してみます!!

昔読んだことのあるこんまりさんの「ときめき整理収納法」も違った観点で捉えて実践ができるような気がします。

お片付けノートは継続する

お片付けノートはゆっくりでも続けることで
部屋がキレイになっていくとのことです。

自分が頑張った軌跡を残す意味でも続けていきたいと思います!

「ガラクタの為に働かない」

タイトルにもつけたこのフレーズ。

先日読んだシンプルライフの本で衝撃を受けた一言でした。

ちょっと過激な発言だけど,3週間で70個弱ものモノを処分した今ならとてもよくわかります。

momo
今まで一生懸命働いて稼いできたお金を,
私は一体何に使っていたんだろう。

と・・・。

はじめのうちこそ単なるゴミもありましたが(笑),
最近はまだまだ使えそうな物もゴミ箱行きになっていました。

さすがに捨てた物たちのことを「ガラクタ」とは思いません。

でももっと有意義なお金の使い道があったんじゃないかと。

先月仕事を退職したため今月からは完全な専業主婦になります。
つまりは夫が稼いできてくれたお金で今後は生活させてもらうことになります。

夫が汗を流して一生懸命働いたお金が「ガラクタ」になっていないか
今一度よく考えてから買い物をしたいと思います!!

今後も居心地のいい家庭づくりのため
シンプルライフを目指していきたいです。

 

関連コンテンツ



  • この記事を書いた人
momo

momo

食いしん坊のスタバ大好きアラサー主婦。 現在0歳児の娘を相手に育児に奮闘中。 食べ物のレポートを主に、日々の出来事をマイペースに綴っています。

-断捨離memo

Copyright© momoのホッとひといき ちょこっと生活memo , 2019 All Rights Reserved.