おでかけmemo

【石ノ森萬画館】に行ってきました|ヒーローを作った男・石ノ森章太郎さんのミュージアム

投稿日:2018年8月22日 更新日:

こんにちは!momoです。

先日、少し遠出をして宮城県石巻市にある

石ノ森萬画館

に行ってきました!

「仮面ライダー」や「サイボーグ009」など数々の国民的ヒーローを生み出し
「漫画の王様」と称される石ノ森章太郎さんの漫画ミュージアムです。

偶然にも日テレで8月25日に放送される24時間テレビ
「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」の直前の来館ということで
とてもタイムリーな話題だなと思ったのでブログでレポートしたいなと思います(*^^*)

また、一番近い駐車場情報なども記載しましたので、はじめて行かれる方はよかったらご参考になさってください。

期間限定「サンリオキャラクターズかわいいのヒミツ展」

なお、石ノ森萬画館では2018年7月14日~10月14日までの間、
サンリオキャラクターズ「かわいいのヒミツ展」が開催されています!
いい加減年を考えろと家族から痛い視線を浴びせられているのですがw、私はマイメロディとキキララが大好きなんです!
ブログの最後の方で「かわいいのヒミツ展」ものレポートも熱をあげてお届けしていますのでサンリオファンの方もぜひお楽しみに!

スポンサーリンク

石ノ森萬画館と石ノ森章太郎さんについて

「ヒーローを作った男」石ノ森章太郎さんのミュージアム

石ノ森萬画館は、「仮面ライダー」や「サイボーグ009」の作者で知られるマンガ家、石ノ森章太郎さんの漫画ミュージアムです。

先日はじめて石巻駅を訪れましたが、石ノ森さんが描かれた漫画のキャラクターのフィギュア(等身大・・・なのかな?かなり大きいもの!)があちこちに飾られていて賑わっていました。
てっきり石ノ森さんのご出身が石巻市なのかな?と思ったのですが、実はそうではないとのこと。
昔はこのミュージアムが建っている地域に「岡田劇場」という映画館があって、登米市ご出身の石ノ森さんは自転車で3時間もかけて映画を見に来ていたんだそうです!

石ノ森さんと石巻市の繋がり、そして萬画館建設までのエピソードは、公式HPからの文章を引用させていただきますのでご参照ください。

宮城県登米市中田町出身の石ノ森先生と石巻とのつながりは、1995年7月に当時の石巻市長との対談から始まりました。
話の中で、シャッター街となった石巻の中心市街地ににぎわいをもたらし、様々な情報を発信していく事を目的として、石ノ森先生とゆかりのある「中瀬」にマンガミュージアムを建設する話が持ち上がり、それをもとに石ノ森萬画館を建設する構想「マンガランド構想」が誕生しました。

想い出の地・石巻を活性化するために、仲間の漫画家たちとともに「漫画を活かしたまちづくり事業」に協力・参加してくれたのだとか。

この独特な建物は石ノ森さんがデザインしたもの!

「宇宙船」を模しているとのことです!

従来の行政がつくる”箱モノ”とは違う、という意味と、遊び心を前面に出したい、という想いです。

それから、「石ノ森画館」ではなく「石ノ森画館」と称されるゆえんですが・・・

石ノ森さんは「漫画」を「萬画」と表現したそうです。

これは、1989年に石ノ森先生が提唱した「萬画宣言」によるものです。

「萬画宣言」の中で石ノ森先生は、漫画はあらゆるものを表現できる無限の可能性を秘めたメディアであることから、もはや「漫画」ではなく万物を表現できる「萬画」であると提唱しました。

石ノ森萬画館は、このような萬画家(マンガ家)石ノ森章太郎先生の作品と理念を通して、来館した方々に石ノ森先生の数々の作品をあらゆる角度からご覧いただく事で、マンガの可能性を体験し学んでもらう事を目的としたマンガミュージアムとなっております。

漢字一つとっても石ノ森さんの意思を継いだミュージアムであることがわかりますね。

スポンサーリンク

今年は石ノ森章太郎さんの生誕80周年!

今年は石ノ森章太郎さんの生誕80周年のアニバーサリーイヤー。

  • 「マンガの王様・石ノ森章太郎のすべて」(日本テレビ「世界一受けたい授業」)
  • 「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」(日本テレビ「24時間テレビ」)

など、メディアでも石ノ森章太郎さんを取り上げた作品が放送されています。

特に「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」はSexy Zoneの中島健人さんが石ノ森章太郎役を演じ
“人生を変えてくれた人”をテーマにした物語構成になっているとのことで楽しみにしている方も多いかと思います。

3階のライブラリーでは有名どころの漫画家さんのお祝い色紙を見ることができました。

 

小学校の時にはまっていたホラー漫画家、犬木加奈子先生の色紙があってニマニマしてしまいました。
たたりちゃん好きでした!(笑)

 

石ノ森萬画館はどこにあるの?

旧北上川の中瀬に存在します

石ノ森萬画館は宮城県石巻市の旧北上川の中州にあります。

地図でいうとここです。
石巻駅からは(がんばれば)歩いていける距離ですが、
少し離れていましたので車やタクシーでの移動をおすすめします。

余談ですが、地図に写ってる「友福丸」というお店の海鮮丼(うに・いくら丼)が美味しいという噂です・・・!
どなたか行かれた方食いしん坊の私のためにレポお願いします・・・!!(笑)

東日本大震災後の復興が進む街並み

このあたりは2011年3月11日の東日本大震災の津波で大きな被害を受けた地域ですが今は復興が進み、
石巻で水揚げされた魚介類が手頃な値段で手に入る「いしのまき元気いちば」など活気に満ちた施設が建てられています。

いしのまき元気いちば

momo
新鮮な魚がびっくりするくらい安いので是非行ってみてください!!

スポンサーリンク

石ノ森萬画館に一番近い駐車場は?

石ノ森萬画館の敷地内には駐車スペースはありません。
そのため、市内にある石ノ森萬画館が指定した指定駐車場に泊める必要があります。

石ノ森萬画館へお越しの際は、上記「P」マークが記載された石ノ森萬画館指定駐車場をご利用ください。
指定駐車場をご利用されて観覧券をご購入もしくは年間パスポートをご提示頂いた方には、1時間分の駐車サービス券を進呈いたします。
(※駐車した駐車場の駐車券を確認しますので忘れずにご持参の上、受付にご提示ください。)

momo
指定駐車場の位置はいくつかあるので公式HPで確認してください。

この中で石ノ森萬画館に一番近い駐車場は、

市営駐車場「石巻市かわまち立体駐車場」

です。

石巻市かわまち立体駐車場

3階建ての立体駐車場になっていて、215台収容可能です。

前項で紹介した、「いしのまき元気いちば」の目の前にあり、
お手洗いも完備されています。

momo
炎天下、屋根付きの駐車場はとても助かります!

8時~18時までの間は、2時間まで無料で利用ができます。
システムの関係上、こちらの駐車場を利用した場合はサービス券の発行ができないそうですが
2時間あれば十分行って帰って来られる余裕があると思います。

ただし、休日のお昼時はめちゃくちゃ混みますので注意・・・!
(平日・休日両方を利用した経験者です。)

スポンサーリンク

石ノ森萬画館をレポート!

遊びごころ満載のエントランスに大人もうきうき!

さっそくレポートしていきたいと思います!

雨女にしては珍しく快晴の中の来館となりました(*^^*)

青い空に、緑の芝生、そして真っ白な「宇宙船」のコントラストがとてもまぶしい!

エントランスは遊び心満載で、石ノ森さんが描かれた可愛いキャラクターたちが楽しそうにお出迎えしてくれました!

 

アンパンマンの作者やなせたかしさんを始めとする有名漫画家たちの手型がずらり。

こちらは石ノ森さんの手と握手することができるオブジェ。

入り口付近には「仮面ライダードライブ」の愛車「トライドロン」が!!甥っ子に見せたい♡
最高時速560kmも出るそうですよ・・・!

愛らしいキャラクターをモチーフにしたロッカーも完備されていました。
値段は100円~300円。

入り口を入るとガチャガチャがあり、小さな男の子がお母さんと一緒に回していてほっこりしました!

石ノ森萬画館の入場料はいくら?

館内の写真撮影について伺うと、
動画の撮影(特に映像ホールなど)や、原画コーナーの撮影は禁止ですがそれ以外だったらOKと回答いただきました。

さて、まずは観覧券を購入します。

こちらのチケット販売機でも購入ができますが、受付のスタッフさんが声をかけてくださったので受付から購入しました(*^^*)

石ノ森萬画館の観覧券

料金ですが個人利用の場合

大人 800円
中高生 500円
小学生 200円

です。

momo
小学生未満は無料です!

スポンサーリンク

1階は展示コーナー&ショップ

ミュージアムは3階建ての構造になっていて、1階は展示コーナーやショップがあります。

展示室への入り口はこんなにぎやかなコミック風のパネルがお出迎えしてくれます。
キャラクターが飛び出しているんです!

少し進むと石ノ森章太郎さんを詳しく知ることのできるブースが。

年号を追って「萬画の王様」の歴史を勉強することができます。

特に印象深かったエピソード

  • 中学生で新聞の漫画投稿欄の投稿マニアとなる。
  • 高校生の時に美術部・音楽部・新聞部・文学部・柔道部をかけもちしていた
  • 高校2年生の春、手塚治虫さんより電報をもらい、学校を休み上京する。
  • 23歳で取材記者の肩書で70日かけて世界一周した
  • 結婚は手塚治虫さんが仲人を務めた
  • 漫画家として多忙だったころは月に600枚もの原稿を描いていた(!)

一般人の私では考えられない経歴に目が釘付けでした!

ちなみにこのパネルの向かいには仮面ライダーと記念撮影できるベンチが設置されています。

momo
私も娘と3ショットで記念撮影しました♪

仮面ライダーをまじまじと見る機会がなかったのですがめちゃくちゃイケメンじゃないですか!?

「トキワ荘」の模型

24時間テレビのドラマでも登場する「トキワ荘」の模型も展示されていました。

また、石ノ森萬画館オリジナルフレームのプリクラを撮ることができます!

最近5種類の新フレームが追加されたとのことです。

ガイド音声は人気の声優、関智一さん!!!ファンの方必見です!

料金は500円で少し高いですが、観光地によくある古いプリクラ機械とは違いました。

スロープを上がると映像ホールがあります。

時間の関係で観ることは叶いませんでしたが、1日3回に分けてオリジナル映画を上映していました。

上映しているオリジナル作品は

  • 龍神沼
  • 消えた赤ずきんちゃん
  • シージェッター海斗特別編

の3本で、上映時間は各15分とのことです。

 

2階へ続くスロープも石ノ森さんの世界感満載で、多くの方が足を止めながら展示を楽しんでいました。

2階は作品ごとの展示

2階は作品ごとの展示です。

まず目に入るのはサイボーグ009の世界!

続いてシージェッター海斗の世界。

視覚だけでなく、光や音も使った感覚で楽しむことのできる立体感のある展示でした。

そして仮面ライダーの世界。

仮面ライダーのコーナーでは、歴代の仮面ライダーたちのマスクが年代ごとに飾られていました。

ズラリと並ぶマスクはかなりの圧巻!!作品に詳しくなくとも楽しめました!

友人Mに捧ぐ一枚(笑)

仮面ライダーって、小さい男の子が見る特撮番組の印象でしたが近頃は若い女性にもファンが多いそうです。
仮面ライダー剣(ブレイド)は高校生のころ私の友人が好きだったので当時を振り返ってとても懐かしく感じました。

 

続いて時代劇の世界。

作品ごとにがらりと展示の雰囲気が変わるのでメリハリがあって面白かったです。
幅広いジャンルを石ノ森さんは描かれていたんだなぁ。

時代劇の世界の床には踏むと光るしかけが施されていました。

私も遊んでみました♪

 

momo
2階にはサンリオキャラクターズ「かわいいのヒミツ展」もありました!

サンリオ展については後ほど記載したいと思います!

スポンサーリンク

3階はライブラリーとカフェ

3階はライブラリーとカフェ「BLUE ZONE」がありました。

カフェのメニューはこのようなラインナップです。

期間限定でサンリオのコラボメニューも!

マイメロのピーチフロートを購入するか散々迷いましたー!!可愛い!!

なお冒頭でご紹介した80周年記念の色紙はライブラリーで見ることができます。

それから、石ノ森萬画館は東日本大震災で津波の被害に合いました。
当時のことを振り返るパネルも展示されていました。
当時、スタッフの他にお客さんが30人いたそうですが、みなさん避難して無事だったそうです。
良かった・・・!!

サンリオキャラクターズ「かわいいのヒミツ展」レポート

2018年7月14日~10月14日まで開催している

サンリオキャラクターズ「かわいいのヒミツ展」

は2階の企画展示室にて追加料金なしで閲覧することができます。

そもそも「可愛いのヒミツ展」ってどんなものなのでしょうか。

応えは入り口付近のパネル「開催にあたって」に掲示されていました。

1960年代「ハローキティ」以前のサンリオ商品から最新サンリオキャラクターたちまでを、誕生秘話や貴重な原画、グッズとともにご紹介し、長年にわたって人々に愛されるキャラクターたちのヒミツの迫ります。

だそうです!

いざ、夢の世界へ♡

ナビゲーターは私も大好きなキキララの2人。パステルカラーがたまりませんな・・・!!

用意はいい?さぁぼくたちといっしょに「かわいいのヒミツ」を探りに行こう!

momo
わくわく・・・!

すごく楽しいなぁと思ったのは「開催にあたって」に記載されている通り、キティちゃん誕生以前のサンリオの様子も垣間見ることができる点です。

「はじまりのいちご」

まず目を惹くのは「はじまりのいちご」のグッズたち。

1960年代、実用品だけでなく毎日の生活に余韻や遊び心を与える商品の需要を考え、
可愛くて人を感動させる事業に取り組んだのがサンリオのはじまりなんだそうです。

このいちごグッズ、今でも十分通用する可愛さですよね・・・!
キティちゃんの前身からサンリオグッズの可愛さの破壊力はすさまじかったんだなぁ。

マイメロディ、キキララの懐かしいグッズの展示のほか、
多くの原画が展示されていました。

いちご新聞も手に取って見ることができました♪

サンリオは「人にとって一番の幸せ=友人と友情を育むこと」の考えを
Small Gift Big Smile」という言葉に込めているんですって。

momo
ちいさなギフトが人々の心を温かくする・・・この考え方私とても好きだなぁ。

その精神がよく表れているなぁと思ったのが、
サンリオで買い物した時にショップ袋につけてもらえる小さなマスコットです。

このマスコットは「プレミアム」と称されており、
1975年からずっと続いているサンリオからのちいさいな贈り物です。

小さいとき、このマスコットが嬉しくて嬉しくてたまらなかったのを思い出しました。
母はよくサンリオコーナーに連れて行ってくれたっけなぁ。なんか懐かしくて泣けてきちゃったよ(笑)

歴代のキャラクターたちが総選挙の順位とともに紹介されてるコーナーもありました。

1974年に誕生したキティちゃんだけでなく、
私の好きなマイメロディ、キキララも1975年の登場とかなりの大御所なんだなということがわかります。

私が高校生の時に流行ったチャーミーキティやクロミちゃん。

2018年のキャラクター大賞はシナモンロールとのことで、
大きなぬいぐるみが飾られていました。

キティちゃんに関しては、個別にブースが設けられていました。

2018年10月に発売される「Re:Touch」シリーズの展示もありました。

『かわいいはエール』初代担当デザイナーの描き下ろしも

東日本大震災の被災地に向けた「かわいいはエール」という企画もありました。

ぼくたち、なんとかみんなを応援できないかなと思って「希望の花」を植えることにしたんだ。
はじめは小さな花だったけど、ほら今ではもうこんなに大きなお花畑になったよ。
ここにある原画は今回の展示会用に初代担当デザイナーがわざわざ描き下ろしてくれたんだ。
ぼくたち、ずっとずっとみんなを応援していくよ。

原画の撮影は禁止されているので画像はありませんが、「希望の花」を植えるキキララと仲間たちが可愛いタッチで描かれていました。

以下、撮影可能エリアからのレポートになります。

2011年3月22日から物語は始まります。

キキララたちが植えた「希望の花」がやがて大きな花畑へ成長し、

やがて他のキャラクターに「希望の花の押し花しおり」を届けるまでのストーリーが描かれています。

かわいいって世界中の人たちが仲良くするためのキーワード。

そしてつらい時、苦しい時の心の栄養素。
これからもずっとわたしたちは、あなたたちを見守っているからね。
いつまでも「かわいい」って気持ちを忘れないでね♡

こんな言葉とともに「かわいいのヒミツ展」は幕を閉じます。

出口を出て振り返ると、ゆめかわいい世界の余韻が。

なお、物語に登場する「希望の花の押し花しおり」は2階受付で実際に受け取ることができます。

私もいただきました!

 

まとめ

若干不完全燃焼ではありますが、以上で石ノ森萬画館のレポートを終わります。

見ごたえ十分で満喫できますし、「いしのまき元気いちば」で海鮮丼のランチをして帰られるのもいいかと思います。

私も距離的なことが原因でなかなか行く機会に恵まれませんが、東北を離れる前にもう一度訪れてみたいなと思います!

 

関連コンテンツ



  • この記事を書いた人
momo

momo

食いしん坊のスタバ大好きアラサー主婦。 現在0歳児の娘を相手に育児に奮闘中。 食べ物のレポートを主に、日々の出来事をマイペースに綴っています。

-おでかけmemo

Copyright© momoのホッとひといき ちょこっと生活memo , 2018 All Rights Reserved.