カフェmemo スタバmemo

デカフェ徹底比較memo【スタバ&タリーズ】

投稿日:2017年9月25日 更新日:

こんにちは!あと3日で安定期に入るmomoです。

先日スーパーでデカフェのインスタントコーヒーを見つけたのでさっそく今朝飲んでみたのですが

momo
なんか求めていた味とちがーう!泣

コーヒーの味覚が素人レベルの私でもあまり美味しくないと感じてしまいまいました( ; ; )

美味しいデカフェを求めて今日もmomo調査員出動します!!

スポンサーリンク

スターバックスとタリーズどちら派ですか?

スターバックスジャパンとタリーズコーヒー。

どちらも、シアトル系の人気のコーヒーショップですよね(*´꒳`*)

みなさんはどちら派ですか?

私は昔からスターバックスのファンです。ビバレッジはさることながら、ホスピタリティがとても高いところに惹かれています。

一方、父はタリーズの常連者。理由は落ち着いてゆっくりコーヒーを楽しめるからだそうです。
タリーズはお食事系が充実していることも魅力ですよね。
普段はスタバばかりの私ですが、ランチでたまに利用させていただいています。パスタが美味しい!

今日はこの2つの人気カフェでのデカフェ調査をmemoしていきたいと思います(*´꒳`*)

関連記事↓

デカフェをオーダーした際の2店の主な違い

無糖のコーヒーをオーダーした場合、双方でどのような違いがあるのか検証します。

まずはこちらの表をご覧ください。

※価格表示がスタバが税抜表示タリーズが税込表示であることにご注意ください。
※また,私が個人的に調べたものですので名称・金額等誤っている可能性も十分にございます。
詳しくは店舗に直接聞いてくださいね。

スタバ&タリーズDECAF比較表

 スターバックスタリーズ
名称ドリップコーヒー(ディカフェ)デカフェ(カフェインレスコーヒー)
コーヒー豆の種類ディカフェ ハウスブレンドエチオピアモカ デカフェ
サイズshort(240ml ※アイス300ml)
tall(350ml),
grande(470ml)
venti(590ml)
shortのみ 240ml
価格ショートから順に税抜280円,320円,360円,400円
上記金額に各+50円
360円 税込
抽出方法通常のコーヒーと同じ フレンチプレス
アイスでの提供不可
おかわり
(ワンモアコーヒー)
100円+50円(税込)
※11月1日より150円+50円。
StarbucksRewards利用で100円+50円
不可
待ち時間約5分(すでに店頭に用意があれば待ち時間なし)約5分
自宅用コーヒー豆ディカフェ ハウスブレンド
コーヒー豆:250g 1,240円税抜
デカフェ エチオピアモカ
コーヒー豆:200g,1280円税込
ドリップ:8袋,1200円税込
1袋,160円税込
momo
どうでもいいことなんですが
スタバでは「ディカフェ」
タリーズでは「デカフェ」
と呼ぶんですね!!

次の章からスターバックス・タリーズの順にレポしていきたいと思います!

スターバックス「ドリップコーヒー ディカフェ」

注文してみた!

前回のリワードを試しに行った際に,ディカフェのドリップコーヒーを飲んできました。

スタバのドリップコーヒーってとても濃い!!これが飲みたかったんです( ;∀;)♡

使われているコーヒー豆は「ディカフェ ハウスブレンド」。

酸味・コクともに「midium」表記というバランスの良い味なので,どんな人でもオールマイティに楽しめるなあと思いました。

ナッツやココアと相性の良く,甘いフードとの相性もバッチリ。

ちなみに紙カップに「DE」と書かれていることがありますがこれが「DECAF」のサインだそうです。

4種類のサイズから選べます

無糖のコーヒーは「ドリップコーヒー」と呼ばれます。

ドリップコーヒーのディカフェを注文した場合も通常と同じように4種類のサイズが選択できます。

ショート トール グランデ ベンティ
240ml(アイス300ml) 350ml 270ml 590ml
280円+50円(税抜) 320円+50円(税抜) 360円+50円(税抜) 400円+50円(税抜)

どのサイズをオーダーしても通常のドリップ+50円!
大きいサイズを選んだ方が若干のお得感(*´꒳`*)

抽出方法は通常のドリップと同じ

タリーズと大きくちがうのがコーヒーの淹れ方。
通常のドリップコーヒーと同じ抽出マシーンを使って提供されます。

希望があればコーヒープレスでの提供も可能とのこと。

待ち時間

前述したように,通常のコーヒーと同じように抽出し,1度に比較的多くのコーヒーを作ることができます。
そのため前のお客さんが注文していた場合などすでに店頭にデカフェの用意があれば待ち時間は発生しません。

新しく淹れてもらう必要がある場合はお店の混雑時にもよりますが5分程度での提供となります。

電車の時間に間に合わない!など時間に余裕がなく急いでいる方は
エスプレッソを使ったカフェアメリカーノ(通常価格+50円)を注文するのも手だと思います。
(ただし,ドリップコーヒーと風味等が異なりますので注意!)

ワンモアコーヒー(おかわり)について

通常100円でのお替りですが,デカフェ代として+50円が追加代金として発生します。

ただし,2017年11月1日より価格が改定され,通常コーヒーのおかわりが150円に値上がりします。
それに伴いディカフェも実質50円の金額アップになります。

以前memoしたスターバックスリワードを利用して会計すれば変わらず100円+50円で楽しめるとのこと!

スターバックスカード・アプリの利用ともに無料なので,頻繁にスタバを利用する方は要チェックです。

関連記事↓

カフェミストについて

ドリップコーヒー半分+スチームミルク(温めたミルク)が入った飲み物のことを「カフェミスト」と言います。

通常カフェミストの料金+50円でデカフェにすることが可能です。

エスプレッソにミルクを混ぜた「カフェラテ」や「カプチーノ」よりもよりコーヒーの風味を感じることができます♡
大好きなビバレッジなので今度試してみたいな♡

自宅用コーヒー豆について

自宅で楽しめるコーヒーが入手可能です。

コーヒー豆の種類 容量 金額
ディカフェ ハウスブレンド 250g 1,240円(税抜)

種類は店頭と同じく「ディカフェ ハウスブレンド」。

また,こちらの豆はスーパーなどでも取扱があります!

タリーズコーヒー「デカフェ(カフェインレスコーヒー)」

注文してみた

店員さんの心地よい接客に癒されながら席につき,待つこと約5分。

マグカップに入れて持ってきてくれました。

公式HPによると「エチオピアモカ」は華やかな香りとフルーティーな味わいが特徴とのこと。

酸味ははじめは少しだけ,口にいれてしばらくたつとふわ~っと広がりました。
苦味はほとんど感じませんでした。
爽やかな口当たりでつわりの時期でも飲みやすいと思いました。

サイズはショートのみ

スタバとは違い,サイズはショートサイズのみです。

サイズ 価格
short 240ml 360円(税込)

通常のコーヒー(本日のコーヒー)がショートサイズで320円(税込)なので,デカフェ代として40円の追加料金が発生している計算になります。

抽出方法はフレンチプレス♡

スタバのデカフェと大きく異なるのがフレンチプレスを使った抽出方法です!

フレンチプレスでいただくコーヒーって格別な気がしませんか( *´艸`)?
私はとてもテンション上がります♡

独特の少しザラっとした舌ざわりがたまらなく美味しい!

私が行ったときは混んでいなかったため店員さんがプレスしたものをカップに注いで席まで持ってきてくださいました。

通常は容器ごと提供され自分で蓋をプレスしていただくそうです。そちらも挑戦してみたかったな♡

フレンチプレスって?

別名コーヒープレスとも言います。

ビーカーのようなガラス容器にコーヒー豆とお湯をいれて一定時間が過ぎたら上から専用の蓋でギュッとプレスします。

コーヒーフィルターと違ってコーヒー豆の油分(コーヒーオイル)も抽出され,コーヒー本来の旨味や香りを堪能できます!

余談ですが私はスタバのコーヒープレスを購入して愛用しています♡

フレンチプレスでの提供のため,できないことも多い

一杯ずつ提供するフレンチプレスの抽出方法のためか,スタバと比べてできないことも多いそうです。

ワンモアコーヒー(おかわり)について

タリーズでは「本日のコーヒー」を購入するとその日に限り150円(税込)でおかわりすることができます。

しかしデカフェの場合は2杯目も通常料金での提供になってしまうとのことです。

アイスでの提供について

スタバでは希望すればアイスコーヒーも楽しむことができます。

一方タリーズではやはり難しいとのことです。

カフェミストの提供について

フレンチプレスでの提供のため,ミルクを別添えにすることは難しいとのことです。

代わりに「カプチーノ」をおすすめしてくださいましたが,
全店舗でデカフェのエスプレッソが抽出できる機械を導入していないので提供できる店舗が限られるとのことです。

自宅用コーヒー豆について

取り扱っている豆は一種類「デカフェ エチオピアモカ」ですが,こちらはスタバよりもレパートリーが多いです!

種類 容量・数量 金額(税込)
コーヒー豆 200g 1,280円
ジップス シングルサーブ 1袋 160円
ジップス シングルサーブ 8袋 1200円

ジップス シングルサーブは気軽に一杯ずつ飲めるのが妊婦さん・忙しいママにとって便利だなぁと思いました。

お店で飲むよりも断然安いのも魅力ですね!

まとめ

どちらも魅力的なサービスで甲乙つけがたいですが

  • お得にお店で何杯も飲みたい場合はスターバックス。
  • フレンチプレスのコーヒーが楽しみたい場合はタリーズ。

私はこのようにして2店舗の利用を使い分けていきたいと思いました!

以上,「デカフェ徹底比較memo【スタバ&タリーズ】」でした。

momo
最後までお読みいただきありがとうございました!

関連コンテンツ



  • この記事を書いた人
momo

momo

食いしん坊のスタバ大好きアラサー主婦。 現在0歳児の娘を相手に育児に奮闘中。 食べ物のレポートを主に、日々の出来事をマイペースに綴っています。

-カフェmemo, スタバmemo
-, ,

Copyright© momoのホッとひといき ちょこっと生活memo , 2019 All Rights Reserved.